*

スキンケア

紫外線対策は一年中必要

顔に比べ腕は露出が多く、どうしても紫外線の影響でシミができやすいので、紫外線対策をすることが大切ですし、我慢できるなら長袖シャツと着用したいものです。

特に夏場は露出が増えるので、紫外線を浴びやすい腕にはシミができやすく、日焼け止めを塗っても、汗や手洗いなどによって落ちてしまうため、継続して紫外線を防ぐことが難しいです。

そもそもシミは紫外線を繰り返し浴びる、もしくは長時間浴びることでメラニンが過剰に生産され、排出しきれなくなってシミとして表皮に現れます。

一般的に3050代で現れてきますが、アウトドアなどで紫外線を長時間、繰り返し浴びていると20代でも現れます。

強い日差しを急激に浴びると、水ぶくれができ、その後に現れる光線性花弁状色素斑は、特に色白で、日焼けをすると赤くなる肌質の方に発症することが多く、日焼けをしたあとすぐにできるのではなく、日焼けをして真っ赤になり、肌が炎症を起こしたあと数ヶ月ほどたってから光線性花弁状色素斑となって現れます。

日焼けをすると皮膚が黒くならないで赤くなってしまう方は、意識してこまめにUVケアをすることが大事で、炎症するほどの日焼けをした場合には、自己判断せずに皮膚科に相談に行くことをおすすめします。

そうすることも光線性花弁状色素斑などのシミを予防するひとつの方法です。

冬になれば紫外線の量が減ってくるとはいえ、夏のピーク時の3分の1程度は降り注いでいますので、紫外線対策は一年中必要ということになります。

 

サーファーの口コミで人気のエルア美容液


手のひらスキンケア術

今、自宅にあるアイテムだけで簡単にふっくらモチモチの素肌美人になる方法をご紹介します。まずは基本のアイテムの役割をしっかりと知ることです。基本のアイテムは3つ!まずは化粧水です。

 

洗顔後の素肌につけることで肌をなめらかな状態に整えてくれます。そして次は美容です。肌に栄養を与えてくれる役割があります。最後はクリームでお肌に与えた栄養にふたをしてあげることで潤いを閉じ込める事ができます。

 

役割を知ることでスキンケアの効果は倍増します。一番大切な事は手のひらをしっかり使って順番に肌に馴染ませて行くことです。顔の中心から外側に向けて両手のひらをピタリ密着させます。目尻や口元の気になる小じわには指の腹を使ってトントンとなじませます。

 

けしてごしごしと擦ったりたたいたりはしないでください。深呼吸をしながら手のひら全体の重みを感じて馴染ませてるとよりお肌に浸透しやすくなります。手持ちのアイテムで手のひらスキンケアを行うだけてお肌に潤いを与えふっくらとした素肌美人になりますよ。

まつ毛美人を目指すには